ブラジルサッカーが歴史から学んだ意外な事実

ブラジルサッカーが歴史から学んだ意外な事実と強い理由

ッカー大国であるブラジルですが、
そのブラジルの子どもたちは普段どのようにサッカーをしているか
知っていますか?

 

ストリートサッカーと呼ばれる
路上で1対1でボールを取り合ったりするような
「遊び」をしています。

 

【ブラジルのストリートサッカー】

 

 

中には、サッカーボールすら持っていおらず、
紙を丸めたものを裸足で蹴り合っている少年も多くいます。

 

 

一方、日本では
小学生の頃からちゃんとスパイクを買ってもらい、
ちゃんとしたゴールもボールもあり、グランドもある。

 

路上で裸足でサッカーをしている少年を見たことがあるでしょうか?
少なくとも私はありません。

 

このような環境だけ見れば、
日本の方がサッカーをする環境としては明らかに恵まれています。

 

しかし、
ブラジルの方が圧倒的にサッカーのレベルが上だということは、
「オフサイド」すら知らないサッカーに疎い人でも見て取れることです。

 

では、なぜ、
決して「良い環境」とは言えないブラジルは、
日本よりサッカーのレベルが高いどころか、
「サッカー大国」になれたのでしょうか?

 

 

ブラジルがサッカー大国である理由

ブラジルの少年サッカーでは全国大会がない
ということを聞いたことがあるでしょうか?

 

ブラジルでは小学生時代は全国大会がないんです。

 

実はかつて、ブラジルでも、
小学生のサッカー全国大会が開催されていた時代はあったそうです

 

しかし、その時代には、
なぜかブラジルでは良い選手が育たなかったそうです。

 

 

小学生の全国大会を開催していなかった時代の方が、
素晴らしい選手がたくさん育っていたのです。

 

ブラジルではそういった経験から、
小学生の全国大会を廃止することにしたのです。

 

 

なぜ、全国大会がない方が良い選手が育つのか?

 

 

それは、何度も言っていますが、
「勝利至上主義」の考え方になってしまったからです。

 

 

それまでは、ブラジルの少年サッカーでは、
サッカーを「楽しむこと」に重点が置かれていました。

 

しかし、
全国大会が開催されてから、
みな「勝つこと」を重視し始めたのです。

 

そういった風潮がだんだんと広まり、
子どもたちはサッカーを楽しめなくなっていったのです。

 

そして、結果として
その時代には素晴らしい選手が多く育たなかったのです。

 

 

ブラジルは、歴史から学び、全国大会を廃止し、
また、サッカーを「楽しむ」ことに目を向けたのです。

 

そして、再び、かつてのように
化物のようなサッカー選手を多く輩出するようになったのです。

 

 

私たちにできること

そういった歴史を知った私たちは、これから一体何ができるでしょうか?

 

「全日本少年サッカー大会」廃止運動をしましょう!
などと言うつもりはありません。

 

私たちがすべきことは、周りの環境に惑わされず、
自分たちのチームでは、しっかり「楽しむこと」に重点を置く、
ということを忘れないことです。

 

周りが「勝ち」にこだわっていようが、なんだろうが、
あなたは子どもがサッカーを「楽しむこと」ができるようにする。
それだけを考えればいいのです。

 

少年サッカーでは、
辛く、苦しい練習に耐えて練習するより、
ただひたすらに「楽しんで」練習する方が圧倒的に上達します。

 

それは私の経験からも言えることですし、
何よりサッカー大国ブラジルが歴史から学んだことなのです。

 

「辛い思いをしないと上手くなれない」
それは嘘です。

 

「楽しむ」方が良いのです。
楽しまないとダメなのです。

 

ぜひ、今後もその気持ちを忘れずにいて欲しいと思います

 

 

どうすれば楽しむことができるのか?

 

その答えは沢山あるでしょうし、
そもそも人それぞれかもしれません。

 

しかし、私の中で、ほとんどの子どもたちに当てはまる
「サッカーは楽しくなる方法」
というのがあります。

 

 

それは何かというと、

 

「サッカーのコツを掴む」

 

ことです。

 

 

サッカーを楽しめない子どもたちは、
試合(練習のミニゲームを含む)であまり良いプレーをできなくて、
仲間から「ちゃんとやれよ」的なことを言われたりして
(もしくはそういう雰囲気になって)、
つまらなくなってるケースが多い印象です。

 

しかし、サッカーのコツを掴みゲームで良いプレーができるようになれば、
「チームの一員としてみんなと良いプレーができている♪」
という風になり、自然と楽しくなっていくものです。

 

 

とにかく私が言いたいのは、

 

サッカーはできるようになれば楽しい

 

ということです。

 

そうなれば、あとは放っておいても勝手に上手くなります。

 

勉強もできないときはつまらないけど、
できるようになれば楽しい、みたいなことありますよね。
それと同じです。

 

 

まずは「サッカーのコツを掴む」ことです。
それが、子どもが楽しみながらサッカーを上達していける一番の近道です。

 

 

そんな状態にさせてあげるための方法については、
こちら↓の記事で詳しく書いています。
「意外と知られていないサッカー上達のコツとは?〜基礎の重要性〜」

 

 

これを知っているのと知らないとでは、
子どもの今後のサッカー人生に大きく変わってきますので、
ぜひ、ご覧になって、お子さんのサッカー上達に役立ててください。


トップページ 著者プロフィール 上達いろいろ お問い合わせ・ご感想