サッカーのキック力向上トレーニング!「コツ」は・・・

サッカーのキック力向上トレーニング!「コツ」は・・・

 

少年サッカーの試合を見ていると、
よくコーチや保護者から

 

「前に蹴れ!」
「大きく蹴れ!」

 

というような声が飛び交っている光景を目にします。

 

私はそれを見るたびに思うのですが、
なぜ大事な試合をただのロングキックの練習にしてしまうのかと…

 

※ちなみに記事後半で「キック力を上げるための正しい練習法」について書いています。

 

 

確かに、少年サッカーのレベルでは、
パスを繋いだり、ドリブルを仕掛けるより、
とりあえず大きく前に蹴った方が勝ちに繋がるかもしれません。

 

 

しかし、本当に望むべきことはその試合で勝つことでしょうか?

 

 

もっと子どもの将来を考え、
その試合の「勝ち」ではなく「価値」にこだわるべきです。

 

 

試合というのは練習を実践するための貴重の機会です。
それなのにただ大きくボーンとボールを蹴っているだけの
試合にしてしまっては上達するチャンスを捨てているようなものです。

 

サッカーでもなんでもそうですが、技術というものは
練習したことを試合で実践することで初めて身につくものです。

 

その機会をせっかく与えられているのに、
ただ「勝ちたい」が為に、試合をただのロングキックの練習の場にする。

 

もったいなさすぎて、見ていられないレベルです。

 

 

試合には負けてしまうかもしれませんが、
練習してきたことを試合でもするべきです。

 

パスを繋いだり、ドリブルをしたり、ワンツーで抜け出したり、
そういったことをすることで、サッカーは上達していくものなのです。

 

試合の勝ち負けよりも、子どものサッカー上達に目を向けてあげましょう。
その方が将来的には子どもの為になることは少し考えればお分かりいただけるでしょう。

 

キック力を飛躍的に上げる練習法

 

さて、
「試合という大事な機会を無駄にするべからず!」
という話はそのくらいにして、ここからは、
キック力を上げるための練習法について話していきます。

 

これについては、文章で色々言うよりは、
↓の動画を見た方が早いかと思います。

 

強いボール、遠くへ飛ばすボールを蹴りたいなら、
まずは「インステップキック」をマスターするのがいいでしょう。
シュートやゴールキックなどで活躍します。

 

キックの練習をするとなったとき、多くの人は、
単純にボールを蹴りまくる、くらいしか思いつかないと思いますが、
動画のようにリフティングやボールを手で持った状態で練習することで、
「ミートする感覚」を掴むことができます。

 

この「感覚を掴む」というのが意外と大事です。

 

ぜひ、動画の練習法を参考にしながら、
子どものサッカー上達に役立ててくださいね。

 

最後に

今日はインステップキックの練習法について、お話しましたが、
キックには他にも色々あります。

 

インサイド、インフロント、アウトフロント、トウキック、・・・

 

またキックだけでなく、サッカーでは、
他にも色々なスキルがあります。

 

ボールを止めるスキル。(トラップ)
ボールを運ぶスキル。(ドリブル、キープ)
ボールを持ってないときの動き。
・・・

 

などなど、挙げだしたらキリがありません。

 

 

ただ、
「これだけ押さえておけば間違いない!」
というスキルは、実は3つだけです。

 

それについては、
こちら↓の記事で詳しく書いていますので、
サッカーでは色んなスキルがあるが何を練習したらいいのか?また効果的な練習法とは?

 

 

ぜひご覧になって、
あなたのお子さんやチームのサッカー上達に、ぜひお役立てください。

 

 

 

 


トップページ 著者プロフィール 上達いろいろ お問い合わせ・ご感想