サッカーのジュニアユースセレクションの内容と合格基準

サッカーのジュニアユースセレクションの内容と合格基準

セレクションの選抜基準とは?

年サッカーのセレクションで
選抜基準として重要視されるのは何か知っていますか?

 

 

セレクションの選抜では、
ゲーム形式によって見るサッカーの個人能力が重要視されています。

 

 

単純にサッカーに勝つということを考えると、
チームワークといったことも考えなければなりませんが、
セレクションで選抜されるということを考えるならば、
とにかく「目立つ」ということを意識しなければなりません。

 

どんなにチームの為になることをしていても、
選考員の記憶に残らなければ選抜してもらえないのです。

 

 

ただ上手いだけじゃダメ

 

サッカーが上手であれば、セレクションに選抜してもらえる
と思っている方もいるようですが、
実はただサッカーが上手いだけでは、セレクションの選考には通りません。

 

先ほども書きましたが、
とにかく選考員の記憶に残らなければなりません。

 

「特徴」がないとダメということです。

 

もちろんサッカーの基礎的な能力というのは非常に重要です。
しかし、それだけでなく、
プラスαの部分もしっかり見せていかないと、
選抜してもらえないのです。

 

選考する側からすれば、
同じようなそこそこの選手をたくさん集めるより、
「ちょっとまだ甘い部分はあるが特徴のある選手」の方が欲しいのです。

 

なぜなら、
基礎的な能力は努力をすれば後からでも十分追いつくことは可能ですが、
その子にしかない特徴というものは全体の練習・トレーニングで
身につくようなものではないからです。

 

 

 

 

 

また、ただ身体能力に任せてサッカーをしているのではなく
しっかり頭を使ってサッカーをしているか?
ということも重要です。

 

サッカーは高度になればなるほど、
頭を使ったプレーが要求されます。

 

身体能力だけで勝負している選手は、
試合のレベルが上がれば上がるほど使えなくなっていくのです。

 

なので、サッカーの「考え方」のようなものも
大事になってくるのです。

 

じゃあ具体的にどうしたらいいのか?

 

目指すべきところは見えたと思います。

 

特徴があり、頭がいい選手

 

になることです。

 

 

子どもをそういった選手にするにはどうしたらいいのか?
ということについてですが、

 

まず、他の子と同じ練習をしていては上手くはなっても、
特徴のある選手にはなれません。

 

なので、ちょっと変わった練習というのもやっていく必要があります。

 

「変わった練習って何?」
って思いますよね。

 

そういった練習というのはほとんどのサッカー指導者や保護者は
知らないと思います。

 

なので、それは学ぶ必要があります。

 

 

本屋に行けば「サッカー上達法」という名の本はたくさんあると思いますが
それらはほとんど役に立ちません。

 

なぜなら、サッカーを学ぶに当たり、
本という媒体はそもそも不向きだからです。

 

サッカーはスポーツであり、
目で見たり体で感じたりすることで上手くなっていくものです。

 

もちろん、考え方や思考などは文章からも学ぶことはできると思います。
しかし、やはり肝心の練習方法や具体的な動き方などは、
映像で見ないとどうしてもわからないところが出てきます。

 

本屋に売っている本でも中には付属DVDが付いているものもありますが、
それは「おまけ」として付いているので、
内容としてはそこまで濃いものにはなっていません。

 

 

セレクションで選抜されるには、
内容の濃い練習方法や考え方を学ぶ必要があるのです。

 

しかし、…

 

そういったことを学ぶ機会というのは、
サッカー指導者や保護者には、なかなか与えられていないのが現状です。

 

 

このように書くと、
「じゃあセレクションに入るなんて無理じゃん!」
と思われるかもしれませんが、

 

大丈夫です。

 

「学ぶ機会がない」というような書き方をしましたが、
「ない」というよりは「知らない」という
表現の方が正しいかもしれません。

 

 

実は、ほとんどのサッカー指導者や保護者たちは知らない、
非常に内容の濃いサッカー教材(DVD)というのがあるのです。

 

当サイトでは、そのDVDを紹介しているので、
良かったら参考になさってください。

 

こちら↓です。
「サッカー上達法」DVDランキング

 

セレクションで選抜されるという観点では、
2位や3位当たりのDVDが良いと思います。

 

高いスパイクを買うくらいなら、
こういったノウハウを買った方が賢い買い物だと、私は思います。

 

本当に新鮮さ感じる内容だと思いますので、
もし興味があるなら買ってみるのもアリだと思いますよ。

 


トップページ 著者プロフィール 上達いろいろ お問い合わせ・ご感想