少年サッカーではレギュラー争いは不毛。全員出場主義

少年サッカーではレギュラー争いは不毛。全員出場主義

 

切磋琢磨

サッカーというスポーツは、団体競技なので当然1人ではできないですよね。
チームメイトがいて初めて練習や試合が成り立ちます。

 

なので、サッカー上達する上でも
当然チームメイトの存在というのは、とても大きくなってきます。

 

そんなチームメイトは、切磋琢磨できる関係が望ましいですよね。

 

お互いが練習相手になるわけですから、
みんなが上達すれば練習相手のレベルも高くなり
チームメイト全体のレベルが上がっていきます。

 

みんなサッカーが「好き」、「上手くなりたい」という気持ちで取り組み、
みんなで上達し、チームのレベルも上がっていく。

 

そんな状態が、チームとしては「良い状態」と言えます。

 

悪い状態

「良い状態」に対して、「悪い状態」とはどんな状態かというと、
逆の状態です。

 

つまり、チームメイトが切磋琢磨できる関係でなく、
チームメイト同士にレベルの差が生じ、練習相手として、
強すぎたり、逆にレベルが低すぎたり、という関係になってしまう。

 

そんな状態がチームとして「悪い状態」と言えます。

 

 

私が思うに少年サッカーのほとんどのチームは、
この「悪い状態」になってしまっています。

 

人間、千差万別ですから
サッカーが上手な子もいれば下手な子もいる。
このような状態になってしまうのは
ある程度仕方のないことだと思います。

 

しかし、やはりそれでも、
そのレベルの差はチーム内では大きすぎてはいけないのです。

 

それは先程も言ったとおり、
練習相手のレベルの差により、練習が練習でなくなってしまうからです。

 

なのでチーム内でレベルが離れすぎていてはいけないのです。

 

 

レベルの差はどこから生じるのか?

練習は基本的にはみんな同じことをやっているわけですから、
そこが原因ではありません。

 

レベルに差が生じてしまうのは、
「上手い子しか試合に出ない状況」
です。

 

 

試合というのは、実践的な練習ができる場なので、
サッカーを上達にとって、とても重要です。

 

いつも同じ子しか試合に出していないと、
サッカーのレベルに差が生じてくるのは当然のことです。

 

しかも、いつもベンチになってしまう子は、
試合に集中せず、地面でお絵かきをし始めたりします。

 

※こんな↓状態になってしまうわけです。

 

 

そこで「ちゃんと試合に集中しろ!」と言ったところで、
その子にとってその試合は、もはや自分ごとではないのです。

 

自分には関係ないことに集中できるほど、子どもは我慢強くありません。
そもそも我慢して集中させること自体が間違っています。

 

指導者であるあなたは、
子どもが試合に出ていようがベンチだろうが、全員が試合に集中して、
「どうしたら勝てるのか」、ということを子ども自ら自発的に考えるように
していかなければならないのです。

 

チームをそういう状態に持っていけるのが、「良い指導者」なのです。

 

どうすれば良いの?

全員出場!

 

これを実践すれば良いです。

 

試合の勝ち負けは気にせず、
サッカーが上手な子も、そうでない子も平等に
試合に出させてあげるのです。

 

そうすることで、試合に集中しなくなる子はいなくなりますし、
みんな上達の機会が与えられて上手くなっていきます。

 

初めのうちは、あまり上手でない子は、
周りから文句を言われたりして、
「僕が出ると負けちゃうから試合に僕を出さなくても良い」
と言ってくるかもしれません。

 

しかし、そこで「全員出場」方針を曲げてはいけません。

 

そのような時はチーム全員に対し、このような言葉をかけみてください。

 

「うちのチームでは上手い下手関係なく、試合には全員平等に出場させるよ。
だって、みんな同じ時間だけ練習してるのに、試合の出場時間が違うのは、
おかしいでしょ?」と

 

子どもたちは、案外 納得してくれるものです。

 

しかし、こんなことを思う大人の人もいると思います。
「そうしたら上手い子が上達するチャンスを
 減らしてしまうのでは?」と

 

私は寧ろ「全員出場」の方が
上手い子もさらに上達できると思います。

 

通常、上手い子はどうしても毎回の試合に出場しがちです。

 

確かに試合に出る機会があるということは実践の場が
増えるわけですから、上達していきます。

 

しかし、ずっと試合に出ていた子をベンチにすると、

 

今までずっと試合をピッチの中でしか見てこなかった景色を
ベンチから俯瞰して見ることができ、自分たちがこれまでどのような
試合をしていたかを客観的に見ることができるのです。

 

すると、「こういう場面では外に広がった方が仲間はパスを出しやすいのか!」
と子ども自ら発見できたりするのです。

 

そして、次の出場機会でそれを試しながらプレーすることで
さらに上手くなっていけるのです。

 

なので「全員出場」は
上手な子にとっても、下手な子にとっても
とても良いことなのです。

 

チーム全体のレベルが上がっていくのです。

 

勝利至上主義的な考えよりも、
実は、「全員出場」という考え方の方が、
実は強いチームを育てることにもなるのです。

最後に

どうでしたでしょうか。

 

ほとんどの少年サッカーチームでは、
レギュラーがほぼ固定化されているところが多いです。

 

しかし、
「上手い子でも試合に出さない」
という選択肢を知っておくと、
今後の子どもたちのサッカー上達の幅が広がると思います。

 

今日は試合についてですが、
普段どんな練習をするか、ということも非常に重要です。

 

それについては、こちら↓が参考になるかと思います。
子どもが楽しみながらサッカー上達する練習メニューとは?

 

 

チーム練習だけでなく、
自主練習としても非常に効果的ですので、
ぜひ、参考になさって、子どものサッカー上達にお役立てください。

 

 

 


トップページ 著者プロフィール 上達いろいろ お問い合わせ・ご感想